仲 摩 邦 彦 建 築 設 計 事 務 所 
  Nakama  Kunihiko  Architects 

WORKS

酒楽和華 清乃

線路沿いの三角形の敷地に建つ、
店舗+二世帯住宅です。

全体のイメージ

線路沿いの細長い三角形の敷地に建つ、
店舗+二世帯住宅です。 

敷地の条件

奥に向かって細長い鋭角三角形の変形敷地。
さらに北側を走る線路からの騒音や振動。
北側斜線をはじめとした厳しい法的な制限。
そうした様々な条件をクリアしつつ、いかにして少しでも広々とした店舗と二世帯住宅の空間を確保するかということが最大の課題となりました。

鉄筋コンクリート造

すぐ裏側を走る電車の騒音や振動を考えて、そうしたことの影響を受けにくい、重たい鉄筋コンクリート造としました。
しかし一方で、間口の狭い窮屈な変形敷地の中で、少しでも広さを確保したいということもあったので、外壁はすべて、最も壁を薄く出来るコンクリート打放しとしました。
ただ、1階の店舗と2階3階の二世帯住宅とでは、そのコンクリート打放しの仕上げ方を変えています。

外壁の仕上げ

店舗(飲食店)と住宅部分とでは、それぞれ別の雰囲気にしたいということもあって、外壁の仕上げ方を変えています。
2階3階の住宅部分は、コンクリート打放しの壁を汚れが付きにくいという光触媒の塗料で純白に塗っています。
 

純白の立体

遠くからでもお店の存在がわかるように(しかし、それでいて上品に)、純白の住宅部分は、店舗のための看板のような役割をしています。
線路側からの視線も意識して、斜めの屋根の部分も同じ色です。
真っ白に塗られたまるで豆腐のような立体は、ちょっと無重力感のようなものがあって、街中にふわりと浮いているような不思議な感じです。

店舗と二世帯住宅

店舗の正面と二世帯住宅の正面とは別々の方向を向いていて、住宅の生活感が店舗の方に出てくることのないように計画しています。

店舗の外壁

住宅部分のしっとりとした白い壁とは対照的に、1階店舗部分の壁はあえてざらついた質感を出しています。 

木目のついたコンクリート壁

この壁は、コンクリートを打つ時の型枠に木の板を加工して使うことで、出来上がった壁の表面にわざと木目のあとを付けています。
上の階の壁は、遠くから見て美しく目立つことを意図していますが、下の階の壁は、店舗を訪れる方が近くに寄ってみてはじめて、おやっという感じでわかるような微妙な質感をねらっています。
この飲食店の手作りにこだわるポリシーを表現しつつ、浮遊感を持った真っ白な立体である部分に対して、下から生え出たような重い質感を持たせることで、上下の階を対比させることも意図しました。

ネガとポジ

木の板を型枠として使い、木目を転写した外壁に対して、店舗の中の壁は木の板そのものを壁に張っています。
内部と外部は、ちょうど反転したような材料で出来ています。
ネガとポジのような関係です。
建築の内と外、用途の違う上下の階。
それぞれを微妙に仕上げを変えながら関連づけて、一つのストーリーをつくりたいと考えました。

店舗内の広がり

店舗内は、突き当たり部分を屋外に向かって視線が抜けるようにすることで、より奥に長く、そして、より広く見えるようにデザインしました。
また側面も、わずかにとれる敷地の余白を利用して、少しでも広がりが感じられるようにと計画しています。
 

木の壁

店舗の中の木の壁は、奥へ奥へと誘っています。
ガタガタと前後に揺れるようにして、屋内になったり屋外になったり。
裏側には構造の柱や照明などを隠してもいます。

店舗内の計画

三角形に狭まっていく店の奥の方は、木の壁に囲われ、その先の屋外テラスにも繋がった、団体客用のテーブル席になっています。
店は、入口から奥まで、広々と見通せるようになっていますが、同時に、テーブル席とカウンター席や厨房とは、木の壁によって、さりげなく分けられています。
壁や天井の様々な隙間を使って照明器具を設置し、各スペースをそれぞれに照らしています。

住宅部分の計画

住宅部分はほとんどが、敷地形状をそのまま反映したような三角形のワンルームとなっています。
奥に長い三角形の不思議な遠近感による広がりが感じられるように、わざとそのようにしているのですが、同時に、必要に応じて引き戸によっていくつかの部分に仕切ることが出来るようにもしてあります。 

天井による仕切り

一続きの部屋は必要に応じて、所々で引き戸によって仕切ることも出来ますが、天井によっても、それぞれの場所がなんとなく分かれるようになっています。
天井はすべて同じ色になっていて、昼間はあまりわからないようになっていますが、夜になると照明によって、それぞれの場所の違いが浮かび上がります。

斜めの空間

細長い三角形の敷地と厳しい法的な規制(北側斜線)をそのまま表して、室内はあちらこちらが斜めになった不思議な空間になっています。

ハイサイド窓

北側斜線制限によって室内側に倒れかかっている壁は、そのまま平らな天井の上まで伸びていきます。
平らな天井と倒れかかる斜めの壁との隙間は、ハイサイド窓になっています。
このハイサイド窓を使って、最上階にこもりやすい熱を逃がし、部屋の奥まで光を採り込みます。
 

上下の窓

低い位置の通常の窓とハイサイド窓とが、距離をおいて上下に同時に見えます。
一続きの空間ですが、それぞれの窓が別々の場所をつくっています。

巨大な出窓

細長い三角形の敷地に建っているため、部屋の方も細長い形状になっています。
そのため部屋が少々窮屈なものになりそうでした。
そこで、そうした窮屈な感じを出来るだけ減らすために、法律上床面積に算入されない出窓を設けました。
その長さ、およそ10メートル。
長さの制限は法律にはありませんでした。
面積にすると4畳半近く、部屋を拡張することが出来ました。
出窓は、ちょうど椅子と同じぐらいの高さになっています。
テーブルさえ置けば、椅子を置かなくても生活出来るようになっています。
家具を置くと、その分、部屋が狭くなってしまいますので。
ベッドの代わりにして、その上で寝そべるにも、ちょうどよい幅、ちょうどよい高さです。
実際に寝てみると、窓から空が見えて、まるで空中に浮かんでいるみたいです。

ガラスの仕切り

階段と部屋はガラスで仕切られています。
階段の先の最上部にも屋上へ出るためのガラス戸が付いていて、そこからの光が部屋の中まで降ってきます。

屋上のルーフテラス

細長い三角形の敷地を無駄なく使って、出来るだけ広い屋内空間をつくろうとしているため、庭やバルコニーのような屋外空間をつくるスペースはありません。
その代わりとして、屋上に出来るだけ広い屋外空間を確保しました。
屋上への出入口とハイサイド窓以外の場所はすべて、ルーフテラスになっています。
洗濯物を干すことから子供の水遊びまで、屋外が必要になる場合にはすべてここが使われます。
周囲のほとんどの家々よりも高い位置にあるため見晴らしがよく、周囲からの視線もあまり気にならなりません。
このような周辺環境では、無理して庭を確保するよりも、この方がかえって使いやすい屋外空間であると言っていいのかもしれません。
階段からの出入口とハイサイド窓が付いた塔屋部分は、隣の線路から隔てて落ち着いた場所をつくる役目も果たしています。