仲 摩 邦 彦 建 築 設 計 事 務 所 
  Nakama  Kunihiko  Architects 

WORKS

MS-House

住宅密集地に建つ二世帯住宅です。
法律上建てることが可能な建坪16坪ちょっとの中に、
二世帯5人が暮らす場所を確保するために、
「広い家」を目指しました。

全体のイメージ

住宅密集地に建つ二世帯住宅です。
法律上建てることが可能な建坪16坪ちょっとの中に、二世帯5人が暮らす場所を確保するために、「広い家」を目指しました。 

敷地の利用

出来るだけ広いスペースをつくり出すために、まず、可能な限り大きな四角形で敷地全体を囲いました。
そしてその一部を刳り貫くようにして、駐車スペースと玄関へのアプローチを確保しました。

外観

家全体を見ると、敷地を出来るだけ大きく囲った四角形になっていますが、道路から見ると、左右2つの部分に分かれています。

外観の構成

左半分は通常の外壁と窓、右半分は鉄と木で出来た格子になっています。 

屋外空間の利用

駐車スペースの部分は、玄関へのアプローチを兼ねています。
そして1階親世帯の部屋の窓もまた、この駐車スペースに向かって設置されているため、この場所は庭の代わりにもなっています。
住宅密集地に出来る限り広く家を建てるために、なかなか確保することが難しくなる貴重な屋外空間は、駐車スペース、玄関へのアプローチ、庭、等々、様々なものを兼ねた場所となっています。

グレーチングの屋根

駐車スペースの部分には、鉄の格子(グレーチング)の「屋根」が架かっています。
「屋根」といってもスケスケの格子なので、雨も通せば光も通します。
そのため、この「屋根」があっても、1階の窓から十分に光を採り込むことが出来ます。

透明な屋根、貴重な床

この鉄の格子(グレーチング)の「屋根」はスケスケであるため、法律で規制される面積には入りませんでした。
そのため、この「屋根」を敷地全体に渡って架けることにしました。
というのも下から見ると、特に邪魔にもならないスケスケの透明な「屋根」ですが、2階から見ると、家を広くする貴重な「床」になるからです。
 

リビングを倍以上の広さに

2階にあがると、駐車スペースの上に架かっていた鉄の格子がテラスの床になります。
この鉄の格子は、光も雨も通す、スケスケの状態であるため、「建ぺい率」の制限で規制されることはありませんでした。
スケスケの床なので何もないのと同じ、というわけです。
この「透明な床」によって、2階にあるリビング・ダイニングの広さが倍以上に広く感じられるようになりました。

敷地全体を囲う

周囲からの視線に対しては、敷地全体を大きく囲うことで目隠しをしています。
レースのカーテンなどを使って窓のところで目隠しをしてしまうと、部屋の広さはカーテンのところまでしか感じることが出来ません。
しかしここでは、窓よりもずっと先のテラスまでを含めて大きく囲うことによって目隠しをしているため、レースのカーテンなどは必要がなくなり、常に視線はその先の敷地境界線ギリギリまでを見通すことが出来、リビングルームが倍以上の広さに感じられます。

壁面収納

テラスと反対側の壁はすべて収納になっています。
収納といっても扉を付けてあるだけで、内部は自由に使ってもらうようになっています。
コストを下げながらも部屋全体の統一感を保つようにするためです。
また天井は、部屋の奥の壁に向かってわずかに傾斜しています。
厳しい斜線制限を回避しつつ、部屋の奥行を強調したいと考えました。
 

囲われたテラス

テラスは木の格子で完全に囲われていて、光と風は通しますが、周囲から覗かれることはありません。

動線

リビング・ダイニングからキッチン、そして洗面所へ。
水廻りは最短距離の一直線の動線で結ばれています。
子供室はテラスを取り囲むようにして配置しています。
リビングからいつでも様子をうかがうことが出来、またテラスを介して容易に行き来することも出来ます。

ロフト

テラスに面した子供室の部分は、法律上可能な出来る限りの高さにして、3階部分となるロフトを設けました。
「広い家」にするために様々な部分に工夫を凝らしています。 

ガラス張りのキッチン

キッチンは廊下や階段に向かってガラス張りになっています。
幼い子供や家族の動きがいつでも目に入るように。

廊下も部屋に

キッチンと廊下との境をガラスにすることで、廊下や階段が明るくなりました。
単なる通路ではなくて、部屋の一部という感じに。
また、廊下の天井には天窓(トップライト)を設けたため、さらに明るく居心地がよくなりました。
そこからの光はガラスを通してキッチンにまで届き、キッチンの方も単なる作業場ではなく、明るく居心地のよい場所になりました。

地下室

一部に、法律の面積制限にかからない地下室を設けました。
この写真の反対側の面にドライエリアがあり、そこに面して大きな窓があります。
そのため地下室であってもそれほど暗くはなく、圧迫感もありません。
縁なしの畳を敷いて、ちょっと和風の趣味の部屋になっています。

「広い家」

住宅密集地の決して広いとは言えない敷地と厳しい法律上の制約。
そうした中で、屋内と屋外を一体に繋げ、敷地全体を広く使うことによって、「広い家」を実現しようと考えました。